2013年6月5日水曜日

No. 171 二年以上の空白

うわーーー、2年もブログほったらかしにしていました。

理由はたくさん。 大きな理由は時間がまったくなくなってしまったためです。

2010年に息子がサッカーチームに入り、夕方から週3回の練習、週末はトーナメント続き。 それに、走る距離が半端ではない。 軽く東京から小田原、静岡の距離を走り、練習や試合にいく日々なのです。 すでに、3年目になります。

税理士の仕事も、最近は、海外にいる人、アメリカにいる外国人のタックスなど、一筋縄ではいかない部類のタックスを手がけることが多くなりました。 事務所も同じ会社のなかでプレミアムという名のつくところに行き、個室を貰ったのはいいのですが、いやー、リサーチすることの多い日々。 本来なら、4月16日で契約が終わるのですが、今年はタックスのオフシーズンの夏も事務所に出ることが多くなりそう。

別の会計の仕事も、人事の仕事も多くなりましたわい。 「大元を見直す」ということをしているので、契約書の書き換えもしております。 更に、会計ソフトもすこし深くつっこんで、整理する、ということもしちょります。

さらに!! 小さな中古車会社の会計、というか経営建て直しのようなことをしております。。。が、これだけ忙しいので、なかなか進まず。 ともかく、会計がぐちゃぐちゃで2010年の創業時にさかのぼって直す、という気の遠くなるような作業をしています。

なので、夜になると、ぐったり。 更には、歳なんでしょうねぇ、やる気がなかなか出ない。 
そして、重力に負ける日々。 そう、重力って、質量が増えると大きくなるんだっけ?? 質量=体重、が増えております。 

     *********

こんな状況の2年半。 結果として、神さんにお祈りすることが少なくなり、喜びが少なくなりました。 

ぶっちゃけて言ってしまえば、今は、信仰の最低なところにいるのでしょう。

愛とは、その人に対して時間をかけることである、といえるかもしれないけど、私は神さんとの時間をかなりおろそかにしてしまっている。 毎日、何かに追われてしまい、神さんのことは後回し。 

神さんには、謝るのだけど、毎日、次から次へ、と物事に追われる日々。

      ********

でも、時に神さんには、許しておくんなせい。 この状況をなんとかしてください。 あなたと過ごす時間を作ってください、など心で話しかけていた。

この日曜日の礼拝では、Davidという新しく聖書学校を卒業した人のお話であった。 箴言を読んだけど、その中に、神の言うことに従え。 神の御言葉をきけ。 体も健やかになる。 ってな内容の場所があった。 

ちょうど、その日前後、体調が良くなかった。 あーそうか、神さんの言葉には、癒す力もあるんだ。。。。

昨日、本当に久々に愛PhoneのAppの聖書を久々に読んだ。 あまりじっくりよんだことのない箴言を。 

そして、今日、夜になって、ある調べ物をしたあと、ふと、自分のブログをみて2年以上も書き込んでないことに愕然。

でも、過去のログを読み返すと、生き生きしている自分がいた。 

これは、祈りの答えなのかな? また、ブログを再開しなさい、ということなのかな?

     *********

2年半の私のブログお休みの間には、社会もいろいろと変わった。

私は、iPhoneを手に入れた。Mixi はほとんどやらず、 Facebookばかり。 ブログも時代遅れになってきたし。 いまや、Social Platform +Mobileの時代。 

ダラスのテキサスレンジャーには、昨年ダルビッシュ選手が来た。 見に行ったもんね、先月。

東日本の津波もあった。

子供たちは13歳になっている。 もうティーンだ。 娘は反抗期に片足つっこんでいるし。
もう、大学への準備をしなきゃいかんしね。

旦那は退職したが、なんだかんだいって、教える仕事が入ってきて、アフリカに足しげく通っている。

昨年は、蚊を媒体とするウエストナイルビールスでダラス近辺でかなりの人が亡くなった。 なので、昨年、夏の間、庭仕事一切しなかったので、庭は荒れ放題であった。

いつの間にか、また自民党に政権が戻っている。 アベノミクスによる株価高もそろそろ終わりかね。 円安のしっぺ返しが見えてくるころだし、海外投資家が何かのきっかけで日本株を大量売りして、儲けを現金化するとき、株価はがくんとおちるんだろうね。

日本でも地球温暖化の減少が激しくなり、竜巻まででるようになった。 台風もひどかったね。

     ********

でも、まったく変わらないのは、神さんから、私への愛である。 この2年半、寂しい思いをしたんだろうなぁ、神さん。 悪かったなぁ。 でも、怒っていないようだ。 なんでだろう。

これから、本当にブログ定期的に再開できるかどうか、まったく自信なし。 でも、過去のログを自分のために読み返してみることから始めよう。 神様と一緒に歩んでいたころの自分は生き生きとしているはずだから。

神さんに祈る時間がなくとも、ブログを読み返すことで、神さんの言葉に触れること画できると思う。

そして、多分、これは、祈りの答えかもしれない。


一昨日歳を取ってしまった あかしや








2010年11月30日火曜日

No. 170 祈りながら眠った結果

昨晩は11時過ぎに寝たのである。 床の中で、神さんに総括して、謝った。 そして、眠りに落ちた。

今朝は、6時15分に目が覚め、体の疲れも軽い。

不思議である。 仕事も緊急のものがどっとまっていたんだけど、それも、落ち着いてこなせた。 他にも、たまっているものがたくさんあるんだけど、もう焦らない。 焦りの心はない。

これが神さんからもらう平安の心というのか。

こんないいことをもらえるんだから、神さんとの会話は途絶えさせてはいけないのだな。

そして、神さんはみんなから話しかけてもらいたいんだよね。 まっているんだよね。

またもや、神さんを無視していた自分に気がつくおろかな自分でありんす。


おっと、夜中の12時を越えてしまった。 これから床に就きます。 神さんとちょっとお話してから、眠ります。

あかしや番頭

2010年11月28日日曜日

No. 169 停滞

アメリカでは、感謝祭の週が終わった今日の日曜日。

つかれたよん。

今週の月曜日は、お友達にお願いして、家の大掃除。 というか、何もしていなかったので、大掃除になってしまった。 そして、ばあちゃんがきて、親戚が来て、教会の学生さんも呼んで、ご飯をたらふく食べた、という一週間。 やろうかな、と持って帰ってきた仕事も一切手付かず。

ああ、明日から、恐ろしいぞ。

*******

この夏の終わりから秋にかけて、祈ったことが結果として聞かれていた。

一つは、経済的なこと。 多少、お金が入ったので、旦那との結婚記念にちょっとしたものをプレゼント。 そして、子供の大学資金にも多少お金を付け足した。 もちろん、10%は神さんに返した。

もう一つは、Taxの仕事でちょっとチャレンジ的なTaxをしたいと思っていた。 普通は、そのPositionは空いていないのである。 しかし、ひょんなことから、パートだけど、そのポジションがもらえた。 普通、ありえないのである。

しかし、しかしだよ、勉強をこれからしなければならない。

年とともに、体力と能力が低下しているこのごろ。 さらに、いただいた会計の仕事も常に新しいことばかりや、尋常ではないこともしていて、チャレンジの連続。 ああ・・・もう少し頭良かったらいいなぁ、体力あったらいいなぁ、時間があったらいいなぁ、と思う毎日である。

息子も私が願っていたサッカーチームに夏に入れたから、それでまた忙しい。


よくよく考えてみたら、すべて祈って願ったこと。 祈りが聞かれた結果、こう文句をいっている私は、モーゼに率いられたイスラエルの民とあいたがわないのである。 情けない話である。


前回のブログに神さんに「地平線を見よ。」と言われていたのも、忘れている始末。 あー、本当に記憶力も悪くなってきたのである。 


****

今日は、うちの教会のある牧師が日本に赴任するんで、最後のメッセージであった。 

大宣教命令というのが聖書にある。

マタイ28:19,20
それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにい
ます。」


まさに、この聖書の箇所のとおりに、日本に行かれる牧師であった。




私はどうか? 最近は停滞気味である。


忙しい、忙しい、といって、先にある面倒な仕事を始める前から、いやがっている節がある。 これこそ、Negative Spiralである。 悪循環の始まりである。

そして、神さんからの使命をサボっているのである。


今は先が見えない。 こんな年しても、先が見えない。 目先のことでひいこらいっているのである。 そして、祈りがおろそかになっているのである。


忙しいから、足で歩くことができないから、今私にできることはなにか、とこのBlogを始めたのではないか。 そして、いつか母のことを書かなければと、誓ったが、それも、おろそかになっているではないか。

*****

と反省の念もこめて、今日、だるい体を起こして、寝る前にこれを書いている。


今日は、祈りながら、寝ることにしよう。


あかしや番頭

2010年10月11日月曜日

No. 168 しかし!

また続きである。

頼ったら、一見落着したんだが、もうひとつの問題を見忘れていて、これもどひゃ~であった。

実は、今週日曜日から家族で近場に出かけて、一週間半分仕事を休むつもりであった。

あ~あ、がっかり。また、ちくちくと調べなければならんのか・・・・・。 家のこと、家計のことをしようと決めていた一週間だったのだが。

土曜日は息子のサッカーの試合と、日本語学校の運動会でつぶれてしまった。 午後は疲れて、昼ね。 せっかくの日曜日の朝は、その会計の問題の原因を探ることに。

でも、教会の後に予定していた小旅行には行くことにした。


もう、こうなったら、自分の実力はないもの、と観念して、神さんの助けを100%もらわなければいかん。

ということで、礼拝のあとパタリロ先生に祈ってもらった。 そうしたら、神さんは、こういうではないか。

「先を見よ。 地平線を見よ。 今していることは、後で大きなまかないとなって、お前の元に戻ってくる。」

そうか・・・・。 今している苦労はあとで実を結ぶということで、今は修行せい、ということか。

さて、まかないとは、何のことか??と調べてみたら以下。


まかない[まかなひ] 03 【賄い】

〔補説〕 動詞「賄う」の連用形から
[1]食事を用意して食べさせること。また、その役の人。

寮の―をしている
[2]準備。世話。

御手水など参りたる様は例のやうなれど、―目ざましう思されて〔出典: 源氏(浮舟)〕
[3]給仕をすること。また、その人。

御―は命婦の君〔出典: 栄花(着るは佗し)〕
[4]とりはからうこと。やりくり 間に合わせ。

諸事を春の事とてのばし当分の―ばかりに暮れければ〔出典: 浮世草子・胸算用 3〕
[5]負担。面倒を見ること。

しかも一切わたしらが―で〔出典: 人情本・梅児誉美 3〕
[6]近世の廻船乗組の役職の一。会計事務を担当し、親司(おやじ)・表仕(おもてし)とともに三役と呼ばれ、船頭を補佐する役で賄方(まかないかた)・岡廻りともいい、日本海方面では知工(ちく)という。


************

そうか。 船頭さんの助けをする会計役か。 


先ほど、その小旅行から戻ったのだが、なかなかいいロッジであった。 そこで夕飯後、Laptopに向かうこと2時間仕事した。 これから息子のサッカーであるが、今日は、オフィスには出向くのを辞めよう。

仕事関係の人には、E-mailを打っておいたので、成り行きをこれからみる。 でも、この問題は片付けてやろうと思う。 実力がないから、神さん、鍛えてくれている、ってことだ。

ということで、今は、仕事のメールはあけないで、明日見ることにしよう。

まずは、一息ついて、明日の午後、やるか!


あかしや

2010年10月9日土曜日

No. 167 頼ったら。。。

前回の続きです。

そいでもって、昨日の金曜日は、旦那が家で働くことにする、というので、子供の送り迎えをすべて頼んで、朝の7時に家をでた。

といっても、小さい会社なので、いろいろな仕事が降ってくるため、常時会計の仕事ができるわけでもない。 更に、金曜日は一人の社員のお誕生日の会食があり、その準備と後片付けで結構時間をとられた。 さらには、別件を仕上げなければならず、さてと、と会計のComputerの前に座ったのが、すでに5時であった。

うーん、神さんに頼んだけど、まったく時間なくなっちゃたじゃん・・・。 やっぱコリャ、休もうと思っていた来週来なきゃいかなくなるなぁ、と億劫な気持ちがもたげてきた。 でも、ともかく、作業に取り掛かった。 人がいると、集中できないのが、こういった会計のチェック。 みんな帰ってしまったあと、こつこつと始めた。 

前日に、問題点の解決をサーチしておいたので、それを元に、チェックを始めた。 

ひとつの項目を直して、さてつぎは・・・とチェックしたら、あれまー、すべてクリアーしてしまった。 よくよく見ると、マイナスの項目は、昨年の繰越のマイナスであり、私がやり始めた今年からの数字の問題ではなかった。

なぁ~んだ、ってことであった。

だったら、このマイナスの項目は、ほかの項目がその分多くなっているだけだから、そこからとりあえず引く形で提示すればいいや、と簡単に頭の中で解決した。

コンピューターに向かって、神さん、ありがとう、とお礼を言った。 私にはすでに知恵が与えられていたのであった。 それなのに、不満の心を抱いた私であった。 やはり、私は、あほである。

*************

しかし、しかしだよ、落ちがあったんだよね、その後。

すっかり、ほっとしきったのか、私はビルの外に締め出されてしまったのである。

駐車場にほとんど車がなくなってしまったので、人通りもビルにはない。 たまたま、外に出てきた人がいたんで、カードでいり口をあけてもらった。

どういうことかというと、お誕生会の会食の残りが結構あったので、それをまず先に車に入れた。 戻ろうとしたら、いつも開いているビルのガラスドアが開かない。 そう、ある時間がくると、ロックされてしまうらしいのだ。 やはり、私はあほであった。

やっとのことで、自分のOfficeに戻り、荷物をまとめて、出たのが夜の7時であった。。。 旦那は食事を用意して待っていてくれた。


転じて、翌朝、土曜日の今朝は、5時半起き。 息子のサッカーの試合で朝の7時集合。 その後、日本語学校の運動会。 サッカーの試合で遅れていったので、息子出番なし。 退屈したんで、帰るわーと帰ることに。 車に向かう途中、友達に会い、弁当があるから、食べていけ、と言われ、ただ飯に預かることに。

家に戻り、昼寝。 おきたら、残り物で、旦那がまた夕飯用意していてくれた。


**************

ということで、さっきお風呂で漫画読んで、出てきたんだけど、明日朝早くおきて、会計報告書を作り、その後、教会に行こう。 

月曜日は子供たちの学校がお休みなので、日曜日の夕方、礼拝後に、ここから北に一時間も行かないところの湖にあるロッジに泊まることに。 キャンプもいいのだが、旦那の肩の術後経過が思わしくないので、ロッジのほうが簡単ということで。

一泊$95ドル_+お犬様料金$50! Non Refundableだと。 近くのケンネルに預ければ、$25ですむのだが、家族ということで、この金額を払うことにした。 子供たちはただなのだが、犬のほうが高い????

**************************

ともかく、一件80%落着。

得られた心の平安は、私の能力ではなく、やはり、神さんからである。


ロックアウト あかしや

2010年10月7日木曜日

No. 166  あんたに頼るしかないだべ

来週、一週間仕事をオフにしようと、がんばってきた会計のFinancial Statement (日本でなんていうのか?)。 つまり、バランスシートとインカムステートメント。 会計報告書とでも言えばいいか。

読み方はともかく。。。。最後の最後で、バランスしない! あるアカウント(項目)がマイナスのバランスになっていて、????なのである。

確かに、この仕事を始めた当初は、会計の情報が思うように入ってこなかったり、Bank Statement(銀行の書類)も手に入らず、ことが進まなかったのは確かである。 それを直したり、Journal Entryという、まあ調整をいれたのだが・・・・。 う~ん。 ここにきて~。。。

難関にぶつかったのである。

昨晩も遅くまで、いろいろ考えたり、やらなければならない書類をつくるなど、遅くまで起きていた。 おかげで、今日は眠く、調子が良くない。


こんなときこそ、神さんの力、聖なるバディーの力、イエス兄さんの力を借りるしかない。

どうか、知恵を与えてください!

いや、もっと積極的に!

神さん、あんたがそばにいるから、この問題は全能のあなたの力によって、解決します!!! Come! Holy Spirit!!


私の足りない脳みそでは、ここで行き詰っていますが、あなたが会計やってください! 
解決を明日中に与えてください!


以下は、今日頂いたデボーションである。 まさにそうである。

今、夜の9時。 今日は早く寝て、明日早起きして、Officeにはやーく行こう。 旦那は明日は家出仕事するってんで、子供は任せた!

あかしや


*************


詩篇 91:2 主に言うであろう、「わが避け所、わが城、わが信頼しまつるわが神」と。

一節の黙想
人生の荒波が吹き荒れ、危険にさらされているように見えたとしても、その荒波は神の御手の中にあります。 どのような状況にあっても神のうちにいる限り恐れる必要はありません。 すべての状況にたじろぐことなく対処しましょう。 苦難と危険を前にしても、主がともにいてくださることを信じましょう。 恐れを神に告白してください。 神は私達の避け所、とりで、より頼むべき方です。

恐れずに歩む祝福

スコットランドのあるクリスチャンが友達に言いました。 「今日読んだ御言葉から、とても良い御言葉を発見したんだ。」その人は意気揚々と聖書箇所を読み始めました。
「恐れのある日に、私は、あなたに信頼します。」 この御言葉を聞いていた友達がうなずき、にこっと笑うとこう言いました。「とてもすばらしい御言葉だね。 だけど、僕もとてもすばらしいみことばを知っているよ。 君のみことばよりも少し深い意味がある御言葉だ。」そしてイザヤ書12章2節を読みました。
「見よ、神は私の羊飼い。私は信頼して恐れることはない。 ヤハ。 主は、私の力、私のほめ歌。 私のために救いとなられた。」
恐れのめがねをかけて状況を見るなら、すべて心配と不安ばかりです。 しかし、私達の救い主であり避け所である主を信じるなら、すべてが感謝と賛美に変わります。 重要なことは、状況や環境ではなく、神を仰ぎ見ることのできる信仰のめがねをかけることです。 あなたはどんなめがねをかけて今の状況を見ていますか。
みことばにすがれば勝つ    キム・インファン

2010年9月20日月曜日

No. 165 勇気づけられること

ちょーー忙しくて、体力気力的にもばて気味のこのごろ。 仕事にも文句を言いそうになったり、ネガティブな発言が増えきそうな傾向にあるこの頃。

そんな時、鼓舞されることがある。

それは・・・・・ KISS

行為のKissではなく、Rock BandのKISS。

この土曜日に、息子のサッカーチームのファンドレージングのために、この地域にあるPizza Hut Stadiumに行った。 KISSのコンサートがあったのだが、そこで、ジュース、ビール、スナックを売るスタンドで売り子+準備係り+掃除のおばさんをしていた。 終わったのが夜中の12時過ぎで、体にこたえたけど。

そのKISSであるが、リーダーはGene Simmons。巷で言われているのは、4700人以上の女性と関係した、ということである。 4700人を365で割ったら、約13。 つまり、毎日一人の女性を相手にしても、13年かかる、という計算である。 しかし、確率からいって、変な病気をもらう可能性が高くなるけど、いまだに生きているGene Simmons。 

別に、関係した女性の数を肯定するつもりもなく、否定するつもりもなく、また、クリスチャンの人はそういうことを真っ向から否定するでしょ、というステレオタイプに従うことも考えず、ただただ、数の計算をしただけなんだけど、いや~、大変なことだ、これは、もし本当だったら・・・・。

と、そんなことはどうでもいいことである。

KISSって、私が十代のころから活躍していた。 ということは、老舗のRolling Stoneの一世代後のバンドだけど、メンバーってすごい歳なんだろう、と思う。 サーチしたら、Gene Simmonsは61歳であった。

仕事が一段落したとき、外にでて、コンサートをちょっと見た。(もちろんボランティアだから、入場料払っていないので、ただ。) ちょうど、Gene Simmonsが舌を出して、真っ赤な血のようなものを口からだしていたところ。 そのあと、彼は、ワイヤーで吊り上げられて、ライトがつる下がっている仮ステージの上で演奏した。

いや~、61歳になる親父がここまでするんだよね。 それに、演奏しっかりしていたし。 メンバーは4人になってしまっていたけど、皆デブっていない。 上半身裸のメンバーもいたけど、見る限り、おなかが出っ張っている人はいなかった。

61歳になっても、パワフルなロックをしている、ということに私は敬礼してしまった。

そして、こんな歳の人がここまでがんばっているんだから、私もがんばらなきゃ、と思った次第。

***

教会関係の方、お二人が現在闘病中である。

お一人は前回の書き込みに書いた。 彼女は、つらいのだろうけど、でも、心はしっかりとイエス兄さんと一緒で信じているのだろう。

もう一人は、うちの教会のHoustonに居られた牧師先生。 心臓の手術をアメリカで受けたのだが、治療を受けるために、急遽日本に帰国された。 状態は良くない。

その先生、私の両親と同じ世代。 昭和一桁世代。 教会のメッセージに、伝道に、と長距離を毎週のように運転されていた。 それがたたったのか、心臓に負担がかかってしまったのか。

私はその先生たちがアメリカに来られたとき、この方たちは死を覚悟してまでも、神さんに仕えるために、6000マイル先から来られたのだろう、と直感した。 

このお二人のことを考えると、私の仕事の忙しさ、体力的にしんどいことも、小さなことである。

いわんや、イエス兄さんの十字架での最後はもっともっと苦しかった。

61歳のロックンローラー、闘病中の神の人たち・・・・・。

今朝一番から、私的なことで、ちょっといやなことがあり、落ち込んだ午前中だったけど、そんなことは、たいしたことないんだなぁ・・・・。 

Rolling Stoneのミック・ジャガーの歳を検索したら・・・・67歳だ!! 彼は70歳になってもロックしているだろう。 うわ~~!!

もっとポジティブに生きなきゃね。

2010年9月7日火曜日

No. 164 道端に立つ兄弟

あれは、夏ではなかったと思う。 ものすごく寒い冬でもなかったであろう。 秋だったのか、春だったのか。 

父はまだ帰って来なかったある夜。

ふすまの向こうから母が、言う。

「T先生に電話して。」

黒い電話の受話器をとって、ダイアルを回した。 電話がつながったことをふすま越しに母に言うと、「先生に、こういって。 血を少し吐いたので、来てほしい、と。」

その通りに、電話の向こうのお医者さんに伝えると、先生は、
「すぐ行くから! XXちゃん、おうちがわからないから、○○通りのところまで出てきてくれないか?」 「はい。 わかりました。」

夜は暗かった。 一人で行くのが不安だったのか、弟を一人家の残すのが心配だったのか。弟の手を握り、夜人通りのない通りに出て、お医者さんを待った。 たった、一分もしない30メートルくらいの家の前の道を通りまで出た。 

私はたぶん、9歳か10歳くらいだったろうか。 弟は6歳だったであろう。 

どのくらい待ったのであろうか。 電燈があったにせよ、夜、人通りのないところに、ぽつんと二人立って待っていた。

しばらくして、白い軽自動車が勢いよく走ってきた。 私たちの前にきぃーっと止まり、先生がまどから顔をだして、「どっち?」 私は先生を先導して、家まで走った。

T先生は、家に駆け上がり、ふすまの向こうに行った。 ふすまの向こうには、両親の寝室で、母がそこに伏していた。 

記憶にはないのだが、たぶん、部屋には入るな、といわれていたと思う。 母は、学校に帰ってきたあとから床に伏していたんだと思う。 (夕飯はちゃんと用意してくれたのだと思う。)

お医者さんが、「洗面器を持ってきて。」というので、洗面器に新聞紙をひいて渡した。 

しばらくして、母の苦しい咳とうめき声が聞こえてきた。 居間にいた私は弟の耳をふさいだ。 何度も何度も苦しそうな咳が聞こえてきた。 怖かったのか、心細かったのか、苦しい声を聞きたくなかったのだろう、私は弟の手を取って、玄関から外にでた。 二人で、星空の下にいた。

私は弟に、「二人で神様にお願いしよう。 ママを助けてください、って。」 弟は何もわからないようであったが、私は弟の手をとって、「神様、ママを助けて下さい。」とお願いした。

当時、私は神がどういう存在であることすら知らなかった。 ただ、そのような存在にお願いした。 やはり、怖かったのであろう。

しばらくして、家に戻った。 そして、先生の呼ぶ声がして、新聞紙の先がぎゅっとしぼられて乗せられている洗面器を私に渡した。「あけちゃだめだよ。 お便所に捨ててきてくれるかな? あとは、ちゃんと手を洗ってね。」
当時は、汲み取り式のトイレであったので、そのまま、つまんでトイレに落とした。

新しく新聞紙を入れて、先生に渡した。

しばらくして、先生が出てきて、「お父さんは、いつ帰るの?」と聞くので、「わからない。」と答えたた。 母が先生に何か言ったのか、私が家の電話番号帳を探したのか、覚えていないが、先生は、父に電話したと思う。

どのくらい経ったのか、父が帰ってきて、先生は父に何か話して、しばらくして、帰っていった。

*******

母は昭和一桁生まれで、戦時中は中島飛行場に学徒動員に行ったと何度も聞かされた。 戦後は、ドレメに通い、洋裁の先生の資格をとったらしい。 その後、三味線と長唄の才能を見込まれ、昼はお稽古、夜は、洋裁の先生として、人に教えていたとうことだ。 しかし、過労がたたったのか、肺結核になってしまった。 いくつのときだったのだろうか? 20歳代前半だったのだろう。

戦後は、栄養不足から、結核にかかる人は多かった。 叔父も結核だったらしい。 戦争中は、満州に送られたそうだ。 満州から戻ってきて、入院した。 叔父と母の父、つまり私の祖父は、官吏(かんり)であり、金持ちではないが、薬を買う経済力はあったらしい。 叔父曰く、「ストレプトマイシンを注射してもらった後、すーっと良くなったんだよ。 本当に、忘れられないよ。」 と言っていた。 叔父は、運がよかったほうであろう。 当時は、多くの人が、結核にかかり命を落としたのであった。

*****

うちの教会は数箇所にある。 我が家から一時間のところでも、日曜日の朝、礼拝している。 その支部で、今闘病されている方がいる。 かなり状態は悪いらしい。 一ヶ月ほど前、一時間かけて、その地域の礼拝に行ってきた。 その方は、入院されていて、病室にいって、短時間であったが、お見舞いして、お祈りをしてきた。

旦那様によると、過去にも病気をされていたらしい。 お子さんが二人。 十代の女の子と男の子である。 姉と弟である。 

お父さんは、夜働いているので、その姉弟は、自分たちでご飯を作っているようだ。 弟は、やっとご飯作りを始めたそうだ。 お姉ちゃんは、すでに出来る、とのこと。 礼拝後は、お昼を皆で食べる。 その後片付けを手伝った。 弟君は、お皿を洗っている。 彼の横にいって、私が子供の頃、母が病気になって、弟と二人、不安げに通りに出て、お医者さんを待った、という話をしてあげた。

お母さんの具合が悪いから、この子たちの気持ちは如何ばかりか・・・・。 

二人を見ていて、思い出したのが、私と弟が手を握り合って、お医者さんを待っていたあの星空の夜であった。


私に何ができるだろうか。 祈ること以外に。 もう少し近ければ、もっといろいろ出来るのに。

今日の夜は、熱さも収まり、秋の夜空であった。 

こんな日だったのかもしれない。 弟と二人で、玄関の前で祈った夜は・・・・。

2010年8月30日月曜日

No. 163 新しいドアを開いて

最後に書いたのは、6月20日。 今日は、8月29日。
まるまる2ヶ月書いていなかった。 ある人から、更新ありませんね。 楽しみにしているのに、といわれたんだけど。

そうか、息子のサッカーチームに入れるかどうかのときが最後であった。

そのあと、気違いのようなスケジュールの夏だった。 家の中もぐちゃぐちゃ。 人の助けをかりて、すこしきれいになったこの週末。

*****

子供たちの学校が始まり、ともかく早く寝るようにしているこのごろ。 仕事も夜中の1時までしていたこの夏だが、これからは辞めよう。 ということで、今回は短く。


神さんは、祈りにいつも答えてくれる。 いつも私のそばにいてくれる。 その確信はゆるぎない。 先週も、祈ってお願いしたことに知恵をもって答えてくれた。 そして、ことは解決に向かって進んでいる。 天のお父さんは、私にはいつも優しい。

ずっとそんな関係であった。

でも、今日の礼拝のメッセージを聞いて、ぬるま湯につかっている自分の状態を改めて考えた。


だから、祈った。

お父さん、今は、あなたと一緒に幸せです。 でも、もっともっとすごいこと、あなたと一緒にいて、さらに新しい境地というのがあるのでしたら、ドアをもうひとつ開けてください。


神さんは、必ず祈りに答えてくれるから、これからが楽しみである。

果たして、新しいドアが開かれた向こうに見える景色はどのようなものであろうか。


わくわく。


あかしや

2010年6月20日日曜日

No. 162  断食終了とこれから

金曜日の夕方で、断食を終えた。 5日であった。

神さんにいつ食べていいか、と祈って聞いた。 子供にも祈ってもらい、頼んでもらった。

金曜日の夜、町でフェスティバルがあったので、いったのだが、そこで足がつった。 こむらがえりであった。 あー、これがサインか、と。 足がつるのは、体の中の電解質が足らなくなったからであろう。 

フェスティバルの夜店は、ホットドックやら、レモネード、アイスクリーム、ファフィータ、ナチョといった類。 その中で、ギリシャ料理があった。 なすの揚げ物を頼んだのだが・・・これが・・・見かけほど、おいしくなかった。 そのあと、ファフィータも食べたんだけどまあまあ。

***********

断食中、いや、その前からであろう。 どうやったら、昔の燃えるような信仰がもどるのだろうか、と考えていた。 そして、教えてください、と祈っていた。

私は神さんにかつおの一本釣りのごとく、ひきあげられたどうしようもない、人間であった。 そのきっかけは、母の受難と天国への道であった。

そのことは、ある事柄が落ち着いてから、じっくりここに書いていこうか、と思っていた。 現在進行形のものがあるから、まずいかもしれない、と躊躇があった。

でも、母のこと抜きにしては、私の神さんへの熱い思いは語れない。


今日の礼拝でも、同じ事をパタリロ牧師を通していわれた。

神さんへの熱い心があったときの自分の信仰を思い出せ、と。 そして、言葉に出して伝えよ、と。 


どうやら、母のことをここに書いていくことになる。


あかしや

2010年6月16日水曜日

No. 161 断食祈祷 Day-2

今はDay-3の朝なんだけど、午前1時ごろまで仕事をしていた。 ああ、もう1時半である。

くそ熱いダラス。40度は超える気温。 そんなときに、私のホームオフィスのエアコンが壊れた。 熱い。

夜中を過ぎて、おなかがすいてきた。 
今日は、ざくろジュースを飲んだ。 水も飲んだ。

うちの教会のWebsiteにTのお父さんと奥さんの仲むつまじい写真がある。
それをみていて、思わずまた祈った。 

神さん、Tのお父さんを治してあげてください! お二人でまた仲良く一緒にバイブルスタディーのために車を走らせることができますように!

Tのお父さんたち、健康保険をもっていない。 なので、病院の費用はものすごい。 すでに、$10,000はかかっている。 手術となると、もっとすごいだろう。 一千万いっちゃたりして。

でも、天のお父さんは、ものすごい金持ちだし、できないことはないんだから、入院費も面倒見てくれるに違いない。 

お金はどうにでもなるんだ。

回復してもらって、またお二人のむつまじい姿を見るんだ。

断食祈祷続けます。


手を上げたい人はコメントください。

あかしや

2010年6月14日月曜日

No. 160 断食祈祷 Day 1 -その2

私の生ぬるい信仰のせいで、Tのお父さんが倒れた、と思う。 
ばかばかしい、あまりにも日本人的な自己欺瞞的な発言だけど、そう思う。

私が倒れればいいものを、Tのお父さんが倒れてしまった。 身代わりに倒れてしまった。
イエス兄さんがそうだった。

私どもなんぞ、ありを踏み潰すくらいに簡単に根こそぎ絶つことができるのが神さん。

でも、もし、イエス兄さんがいなかったら、本当にどうなっていたんだろう。 2000年前の人類。


だから、今、祈る。

神さん、すんませんでした!と。 あまり祈れなかったこの春。 そして、だらけた信仰。

まず、神さんに謝ってからじゃないと、神さんだって、祈りなんて、聞いてくんないよ。


自分立場で考えてみればそうだよ。
助けたり、一生懸命愛したり、信じたんだけど、裏切られたり、そっぽ向かれたやつがいる。
でも、何かのときに、そのやつが、「だずげでぐで~」ときたとする。

どうするかね、そんとき? こんにゃろ~、今頃きやがって、というのが人間の反応である。
でも、そんとき、「あの時は、すまなかった!」と指をつめる覚悟できてくれれば、こちらとて、「う~む。 そうか、反省しとるか。 よし、ここは過去のこと水に流して、人肌ぬぐか。」となるのが人情である。 なんで、やくざの世界っぽくなってしまったのかわからんが。 なんで、人肌脱ぐのか?というのもよくわからんが。 肌脱いだら、いたいじゃないか!

と、わき道にそれたが、まずは、神さんとわれらの間に通っている黄金の道においてあるうんちを拾わんといかんのである。 うんちとは、神さんの愛を無視したことである。 うんちとらないと、前に進めない。 神さんだって、うんちがいやだから、助けてくれない。

だから、神さんに謝る。

すみまへんでした、神さん。 私のいいかげんな信仰を許してください。


あかしや

No. 159 断食祈祷 Day 1

Mixi, Twitter, Facebookに載せた。
断食祈祷を今日から始めた。 T牧師の完全なる回復と、経済的にすべてが満たされるように。

24時間、水物しか取らない断食である。 脂肪の蓄積はある。・・・・と馬鹿なことをまた書いているが。

自分が好きなものを絶ち、祈るしかない。 賛美もしよう。 そして、熱い炎が神さんからまた私に送られることを。

一緒に断食できる方、祈れるかた、賛美できるかた、一緒にしよう。

いまや、こういったBlogへのコメントでもいいし、Twitter, Facebook, Mixiでも、コメント残して、一緒に祈れるではないか。 

Akashiya Bantoまたは、Akashiyaで検索すれば、Twitter, Facebook, Mixiで私のHomeにいくはず。


こんな日に限って、Officeのあるはなれのほうのエアコンが壊れたようだ。 熱い部屋で今書いている。 でも、神さんにもっと熱い炎を送ってもらいたい。

コメントに何でも書いてほしい。 あなたの祈りでも、なんでも。

神さんに叫ぼう。


あかしや

No. 158 Send the fire! 熱い心を送ってください。

この春から感じていた。 でも口に出したくなかった。 認めたくなかった。

でも、私は初恋の心が薄れてきてしまっていた。 
あの、切なく、激しく。 そして、一日中そのことを考えていた季節が遠くになりつつあった。

忙しい、という漢字は心が亡くなると書く。 

神さんが仕事を与えてくれた。それは、ありがたい。 しかし、失ったものは、神さんに対する熱い思いであった。

でも、言葉に出していいたくなかった。


でも、ここで新たに言葉にして、現実の認識をしよう。

出会った頃の情熱は、いずれ冷めてしまうことがある。 結婚するとマンネリ夫婦になることがある。 それが私の現状である。

でも、神さんは炎の方だ。 私に対する愛は果てしなく大きい。 そして、神さんは私に対して、とても優しい。 たとえ、私の火が衰えても、神さんの火は強く、高く、激しく燃えているのだ。

そして、神さんはいう。 

私は決してあなたを孤児にしない。 
ヨハネ14:18


神さんの私たちへの熱い思いは永遠である。 いつもそばにいてくれるのである。
それを忘れちゃあ、いかんぜよ。

と、自分の戒めのために、これをかく。 もう夜中である。 

No. 157 食べ納め

今までは、断食する、と決めたその時点で断食を始めていた。 いつであろうと、何時であろうと。

しかし、なんであろうか、このだらけさは。 私が今晩したことは、食べ納め。

というのも、ビビンバ作りすぎたのと、昨日のケーキの残りがあったからである。 

昨日、パナマに向かう親戚が飛行機の乗り継ぎのため、うちに一泊していた。 たまたま、お誕生日であったので、韓国系の本当においしいケーキを買ってきた。 また、イスラムのラマダン(秋の断食の月)の前の食事のようにがっついていた。 今まで、こんな気持ちになったことがなかったのだが・・・・。

本当にどうしようもない不信仰者である。


と、自分で自分をあきれ返っていたのだが、先ほど、パタリロ牧師から、Tのお父さん(牧師)が火曜日の朝にバイパス手術をする、と連絡がきた。 ほかの医者はRiskyだ、といっていたのだが、3rd Opinionだったのか。 やはり、それだけ緊急を要する容態なのだろう。

明日から24時間水しか飲まない断食をする。 自分をあきれる、なんて悠長なことやってられるか。 

子供をつれてHoustonにいこうか、とも思ってはいたが、それより、今、私に求めらているのは、祈ることだ。 熱く祈らなければならぬ。 

神さん、熱い思いをください!


あかしや

2010年6月13日日曜日

NO. 156 命を懸けてきてくれた牧師

「Tのお父さん」と私が呼んでいる牧師が数日前に、心筋梗塞で倒れた。 
うちの教会のHouston Branchに次の牧師が就任するまでの2年、ということで、日本から来てくださった。 私の両親より、2-3歳年が若い方であるが、昭和一桁生まれの江戸っ子。

「神様に仕えるために」とこんなに遠いテキサスまで来てくださった。 奥様も横浜に住んでいたということと、母に歳が近いので、お母さんと呼んでいた。

ふと、思ったのは、この方たちは、死のことも覚悟してこられているのではないか、と。

牧師夫妻の活動は、「これが70歳過ぎの人かよ?!」と驚くほど、あちらこちらにバイブルスタディーへ、長距離を走って、主催されてきた。 ヒューストンからサン・アントニオまで250キロ以上はあるだろう。 4時間はかかる。 そんなところまでいって、神さんのことを話しにいっていたのである。 コーパスクリスティーにも行かれていると思う。

昨年と今年には、立て続けに空き巣に入られた。 ご家族の方の術後の経過が悪いこともあった。 困難続きであった。 そこへ、今度は、心筋梗塞。


今日、車を運転していて、思った。 最近、私の中に、炎のような心はあるんだろうか、と。 そして、Tのお父さんが苦しんでいるのに、何もしなくていいのか、と。

そうだ。 断食だ。 お父さん苦しんでいるのに、こんなことしか出来ない。 でも、好きなものを経って、神さんにTのお父さんの全快を懇願するしかない。


今日、パタリロ先生から教会員全員にメールがきた。 12時間断食をして、T牧師の回復をいのろう、との旨。

やはり、そうか。 みんなで、好きなものをギブアップして、祈ることを神さん、望んでいるのだろうなぁ。


最近太っているから、ダイエットにいいや、という考えもよぎる。 あー、よこしまな考えで、現世的なこの私。 これじゃ、神さん、こけるだろう。 いや、こんな私のあほさはすでにご存知であろう。




命を懸けて、日本からアメリカまでスーツケースひとつで来られたT牧師夫妻。 その命は神さんにあづけられている。 だから、私たちも一緒に後押ししなきゃいかんね。


あかしや

2010年6月12日土曜日

NO. 155 新しくなる

このブログはGoogleを使っているんだけど、なんと、新しいデザインが追加された。
いろいろ選んだ結果、夏らしい、ってことで、ぶどうのバックグラウンドを使うことにした。

東京は大手町だったか? 『ぶどうの木』というケーキ屋さんがあったと思う。 ぶどうって聖書の中にたくさん出てくる。 地域柄、ぶどうが多く収穫できたんだろう。 ぶどうがたわわになっている様子は、神さんからの恵みを思わせるしね。 

恵みと違ったぶどうの意味では、サムソンに言及できる。 サムソンはナジル人として生まれた。 ナジル人は、ぶどう畑に入ってはいけない。 髪の毛をそってはいけない。 死体に触れてはいけない、というおきてがある。 それをすべて破ったのがサムソン。 力持ちで、イスラエルの敵をことごとく打ち倒していった。 でも、女に弱かったから、ついに彼の弱みを妻に知らせることに。 妻は敵の手先であった。 結果、敵に捕らえられて、目玉を抉り取られてしまう。 でも、最後は宮殿の柱を二つ抱えて、根こそぎにして、宮殿をつぶし、多くの敵とともに、自決した、という人。 詳しくは、聖書を読むと面白い。 でも、何で、ぶどう畑にはいってはいかんのかねぇ。 

イエス兄さんは、天に帰る前に、ぶどう酒は飲まない、という宣言をした。 アルコール中毒の人が「おりゃ~あしたっから酒はやめるだべぇ~」というのとは違うんだけど、なんでそういうことをいったのか?  う~む。 ぶどうには多くの意味があるようだ。

と話がそれたが、とどのつまり、ブログのデザインを新しくしましたよ、ってことだ。

家の中でも、新しくするところがある。 新しいというか、変えるといったほうがいいかも。 それは、自分のHome Office。 

夏は、家で仕事をするので、機能的にならなきゃいかん。 現在は、ごみためのように、紙やら、税制の本、資料がちらかっている。 この夏はこの部屋で過ごすことが多くなるので、一新する。

机のエクステンション、書類のトレイ、新しい本棚などを買ってきた。 明日は、その作業をする。 来客もあるし、家事、子供の世話、客室の掃除などで明日は忙殺されるであろう。


片付けは苦痛である。 私の場合、これだけ、物や紙が溜まると、気が重い。


でも、掃除して、新しいものを入れることは、すっきりして、気持ちが新たになる。 きっとすがすがしい気持ちになるに違いない。


だれでもキリストのうちにあるなら、
その人は新しく造られた者です。
古いものは過ぎ去って、
見よ、すべてが新しくなりました。


新約聖書 コリント人への手紙第二 5章17節




父の死、シンガポールからの引越し、母の死、遺品の片付け、子供の日本での体験入学・・というのが今までの日本への帰国だったけど、ともかく落ち着いて片付けのできなかったこの5年。 

もう、潮時である。 やらねばならん。

4人家族で片付けるのは私だけ。 あとは、散らかす人たち。 そんな逆境の中で、少しづつ片付けねばならない。 これは、神さんに頼むしかない。 なんとか、片付けさせてください、と。 

古いものは捨て、新しくなるのである。


5年前に神さんから直接声をかけてもらい、その後、私の人生というか、心は新しくなった。

今度は、家の中も新しくして欲しい。


片付けが下手な私なので、こうやって祈るのである。


あかしや

2010年5月26日水曜日

No. 154 その後

どーんと献金をしたその週のこと。 結果はこうであった。

1. 夏休みは家でも働ける。
2. 3週間の休暇のこと言ったのであるが、何も言われず。会社の経営者が、私のいない間の従業員給料計算とそのプロセスはやってあげる、とのこと。 なので、OKってこと。
3. 前から以来していた支払いに必要ないろいろな情報、On line Bankingのログイン情報など、があっさり手にはいり、仕事の効率が良くなる。
4. 今まで、自腹を切っていた同僚と私のVeggie Snack. これも、経費で落としていいよーだって。
5. 会社のクレジットカード作ってくれるそうだ。
6. 頼んでいた会計ソフトのオンライン化(家でも出来るので)は、試験的にやってみてよい、とのこと。

ということで、希望していたこと、すべてOKであった。

あれま~。

あの不安な気持ちってのは、やはり、サタンからきていたんだなぁ~。


ということで、めでたし、めでたし。


神さん、ありがとう!!!

2010年5月17日月曜日

No. 153 またもや十分の一の献金

どうして、元気が無かったのか、不安に包まれてしまったのか、という理由のひとつには、たぶん、十分の一献金のことが原因だったかも、と思い始めている。

いつもながら、春のTaxの仕事のお給料は、もらうたびに10%を銀行から引き落として、封筒に入れておく。 今年は、1月下旬からもうひとつお仕事がいただけたので、昨年よりは多少多くなった献金であった。

特に、新しい仕事は従業員ではなく、Independent Contractorといって、会社がソーシャルセキュリティーとメディケアTax(というか保険料)を払わず、本人が分割で税金を直接払ったり、Taxファイリング時にまとめて払うのである。 なので、手取りではなく、稼いだ分まるごともらっている。 そこから10%をだすから、手取りからの10%ではなく、ほんまにきっかり10%。

封筒に増えていくお金をみて、わあ、これだけ神さんに返すんだなぁーと楽しくもあるが、実際に献金するまでは、神さんに返していないわけで・・・。

ということで、ここで踏ん切りをつけて、昨日の日曜日、指定献金を含め、日本の教会に送る分を除いては、すべて献金してしまった。 どーんと。


自分の手元にあるうちは、私の所有であって、完全に神さんに渡していないんだな、と思う。


きれいさっぱり、どーんと献金したあとは、すがすがしいわい。

神さん、祝福してね!!

2010年5月16日日曜日

No. 152  私を第一に考えなさい

マタイに神の国と神の義を求めよ。 そうすれば、これらにあわせて、望むものはすべて与えられる。

とある。

過去に親のことで悩んでいたとき、日本の教会の牧師先生から示され、その後、Houstonの牧師にも示された箇所である。


今年のTaxの仕事は景気の悪さをうけて、業績ダウン。 Taxをする私たちに、もっとマーケティングしろ、と命令が下る。 私ら、セールスマンではない。 Taxをする人間だ、と思っていても、利益追求するのがビジネス。 薄給しかくれないくせに、プレッシャーだけは重くなる。 -とこれは愚痴になるが、そんな厳しい状況であった。

さらに、ピークの一月下旬から、会計の仕事もパートで入ってきた。 しかし、もらう仕事が過去の後始末も多い。 更に、新しい小さな会社だから、いろいろなことがまとまっていない、というか、オーナーの頭の中にあるだけで、情報がない。 文句の言えないお給料と仕事内容でありがたいのであるが、時間がやたらかかっていた。

ということで、この春は、昼も夜も働き、自由時間がゼロ。 春休み前日では、レストランで気を失って、救急車で運ばれる始末。

だから、祈る時間もほとんどなかった。

というか、祈れなかった。

祈らないと何が起こるか、というと、ゴシップとか、ネガティブな考えに左右されてしまいがちになってしまうのであった。

昨年は、ただただ、神さんにささげるため、働くんだという喜びがあった。 そして、十分の一の献金への神さんの約束(マラキ3:10)が真実である、ということの目撃者になることができたのであった。

今年はその喜びがなかった。 むしろ、同僚の愚痴、ゴシップに判断力を左右されてしまい、後始末をする羽目にもなってしまった。

更には、Tax Seasonの後、体調がおかしく、もしや更年期障害では?とも疑ってしまった。 (どうやらそうではなさそう。)

Pentecostal的に言えば、悪魔の攻撃を受けたってことだろう。 心の中は、不安が募り、体調が悪い。


でも、これは、数週間前の祈りで退治した。

そして、それから神さんとの時間を増やしていった。 忙しくとも、朝は一曲でも賛美した。 仕事が休みのときは、ばかちんつれて、森の中にいって祈りはじめた。 というか、再開した。


今の仕事はTelecommuting、つまり自宅通勤可能である。 でも、夏は子供が家にいるから、Officeに出る時間がめっきり減る。 更には、3週間のバケーションをとりたい、とだんなが言う。

う~ん。 首になっちゃうかなぁ。 せっかく悪くないお給料を頂き始めたのに、と、不安に支配されていたこの2週間であった。

この不安どうにかしたい、と思い、祈った。

そして、ある日、トイレに座っていたら、神さんがこういった。

私を第一に、私を中心に考えなさい。


なんで、パンツおろしてトイレに座っているときに、そういうこというのだろうか、神さんは・・・。

*******

今日の教会のパタリロ先生のメッセージはヨシュア記第一章。

「強くあれ、主はともにいる」

というところ。

そうだよね。 仕事も神さんが与えてくれたもんだから、そう簡単には、首にならないかもしれないよ。 子供のために、子供のスケジュールにあった仕事が欲しかった。 だからパートで、近い場所の仕事が欲しいと思っていたら、神さん、くれたんだもん。 

神さんはそばにいてくれるんだ。 ものすごい味方だもんね。


ということで、礼拝後、パタリロ先生に、「3週間の休みをとりますが、首にならないように、と祈ってください。」と恐れ多くも、現世的な祈りをお願いした。

パタリロ先生、快く、いやな顔ひとつせずに祈ってくれた。


その後、何故か平安が心の中に入ってきた。

私の心は落ち着き、喜びがある。


常に、神さんと一緒にいること。 神さんを第一に考えること。

そうすれば、うれしさ、平安が心の中にはいってくるんだなぁ、と実感している日曜日の夜である。


あかしや

2010年4月27日火曜日

No. 151 快復される主、神さん

Taxのお仕事が4月15日で終わったはいいが、そのすぐ後の土曜日に大学院のOpen Houseがあるってんで、子供を日本人学校に下ろしたあと、直行してきた。 今流行のOnlineの授業が受けられる大学であるが、いわば商業主義。 CPAに必要な授業だけを取りたいのに、MBAのコースを取るもんだと決めてかかるんで、コミットせずに帰ってきた。

日曜日は、ぐだ~と寝て、月曜日はTaxと平行してやってきたお仕事に出かけた。 なにせ、お給料上げてくれたし、やることが山ほどある。 ということで、休養もとらずに、せっせと仕事をした。

そうしたら、水曜日の夜あたりからくらくらしはじめたのである。 翌日の木曜日は歯医者。 奥歯だったので、結構大変である。 そのあと、教会にて聖書研究会、いわばバイブルスタディー。 金曜日仕事にいったけど、効率あがらず、土曜日は久々に日本人学校のママさん友達とお茶。 疲れている顔している、と言われて、さもありなん。

少し頭痛がしたし、くらくらしていた。 鉄不足か? 更年期障害か? ストレスか? と、とあるソーシャルネットワークに書いたら、皆よってたかって「更年期障害」と勝手に決め付けるありさまであった。 おいおい。


もし、更年期障害であれば、ホットフラッシュ(首のあたりからかーっと熱くなる感覚)、動悸などの症状があるはずなのであるが、ことに心拍数に関しては、ゆっくりすぎる”Bradicardia”っていうのです、私。 心拍数60いかないのである。 血圧も、100前後が上で、下は67くらい。

以前、日本にいたとき、ストレスからものすごいめまいを起こしたことがある。 脳腫瘍か!と病院にいったが、「ストレス」ですね、で終わった。 駅から自分のマンションまでたったの5分であったが、その5分の道のりが30分以上に感じられた。
その軽いバージョンであった。 


日曜日の礼拝にいつもの通りにいったのであるが、その日は、このくらくらするのを神さんに治してもらおうと思っていた。
あとの祈りの時間に、このことをパタリロ先生にも御願いして祈ってもらおうと思った。

祈りの時間のときか、礼拝中であろうか、神さんは、「私はいつもそばにいる。」と言ってくれた。 そして、私はあることに気づかされたのである。

仕事仕事って、ずっと忙しくて、祈る時間がまったくなかった。 というか、祈る時間を作らなかった。 まず、これについて、神さんに謝った。 神さんが第一なのに。 

祈らないで入ると、悪魔君が付け入る隙を与えてしまうのである。 そいういう隙を作ってしまった自分を許してください、と神さんに謝った。

祈りの時間、パタリロ先生は多くの人に祈っていた。

私の順番はかなり後のようだ。

でも、自分で祈らないで、人に祈ってもらおうなんてのは、あまりにも楽していないか??


なので、ここは、根性だして、自分で一生懸命祈り、主に治してもらおうと決心した。

そして、こう祈ったのである。


私の中には 主が住まわれる

そこには、お前は入れない

お前のいる場所はない

主は私の体と心を作られた方

この方は、私の心と体を生まれた時と同じ状態、

つまり完全な状態に戻すことが出来る方である

私には、そのお方がそばについている

常についていてくれる

病の霊よ、

ここにはお前の場所は無い

でて行きなさい

主は私の体をすべて完全に元通りにされる方

私が主の名を呼べば

主は私に答えられる

主は私とともにおられる

だから、今、でて行きなさい

この体は主のもの

だから、主はこの体を快復される


*******

月曜日の昨日、くらくらする症状は消えていた。

しかし、その夜、別のストレスとなる知らせが日本から来た。

でも、私には主がいる。 そばにいつもいてくれる。

しっかり祈り、一緒に歩み、助けてもらおうと思う。






2010年4月18日日曜日

No. 150  Full timeになるんでしょ?

実は、Taxの仕事のPeakに差し掛かるときの2月上旬から、もうひとつのパートの仕事を始めた。

会計と人事、その他もろもろの仕事。 小さなTechnologyの会社。
ともかく、何でもやる、って感じでやんす。

Employeeではなく、Independent Contractorという日本でいえば、契約社員みたいの。 社会保険費用は自腹をきる、というもの。

ともかく、Taxとの両立で忙しかった。 でも、Technologyの会社だから、家でもE-mailで連絡したり、Invoiceのチェックをすることができる。 子供がいる母親にとっては、時間がフレキシブルな仕事は、大変ありがたい。 それに、時給もTaxより良い。

この業界は初めてで、慣れるのに一苦労。 それに、On the job trainingなんてもの一切なし。 自分で判断せにゃならん。 

そんなんで、2ヶ月たった。

社長の相方から、私のEvaluationをしろ、と社長に連絡が数回いくことこの2週間。

うーん。 仕事がのろいし、理解するのに時間がかかるから、首になるのかな、と思っていた。


この仕事、実は、ずっと前に祈ったか心の中で欲した仕事であった。 パートで、家でもできて、フレキシブルで、DallasのDown Townより、うちに近いところ。 ここら辺でないかな、と思っていたんですよね。

そしたら、与えられてしまった。

だから、首になっても、たぶん神さん次見つけてくれるだろう、と首もあまり くびくび・・じゃない、びくびくしなかった。


そんでもって、やっと先週の金曜日に社長と話をした。

そしたら、唐突に、「Full Timeなんでしょ?」とくる。

私、「はあぁ????」

まあ、よくわからんが、Full timeできて欲しいということみたい。

でも、Taxの仕事のこと、CPAをとろうとしていること、子供がいるから2時半にはでなければいけないから、まだPartで、とこの不況時にありえない回答をしたんである。

夏は子供がいるから、家で仕事したいといったらOK。 そして、時給上げてくれた。
私のほうは、朝8時半から2時半をコミットした。 それまでは、9時半にいったり、といい加減だったので。 この会社のソフトウエアのエンジニアたちは、時給は軽く40ドル、50ドルの世界。 それに比べたら、私の時給はたいしたこと無いけど、先の見通しが出来たので、たとえ少ない金額でもありがたい。

首になると思っていたけど、まったく反対の結果。

やはり、これは、神さんが備えてくれたお仕事なのかもしれない。


さあ、明日、がんばって仕事に行こう。 


神さん、ありがとうございます。

No. 149 気持ちを起こさせるのは誰か?

わたしの愛する者たちよ。そういうわけだから、あなたがたがいつも従順であったように、わたしが一緒にいる時だけでなく、いない今は、いっそう従順でいて、恐れおののいて自分の救の達成に努めなさい。 あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。



Therefore, my beloved, as you have always obeyed, not as in my presence only, but now much more in my absence, work out your own salvation with fear and trembling; for it is God who works in you both to will and to do for His good pleasure.


ピリピ人への手紙 2章 12-13節
 
 
 
よく引用される聖書の箇所かもしれない。
 
でも、日本語と英語の書き方で意味が違っていると私は思う。
 
日本語では、
 
   あなたのうちに働きかけて、"その”願いを・・・
 
とあるが、英語では、
 
   for it is God who works in you both to will and to do for His good pleasure.


とある。

日本語の”その”願いは、「イエスを信じて地獄行きだったはずのところを救われる」ことを指すだろう。 でも、英語のほうは、単に"to will ... to do" であって、日本語に換えれば、

   あなたがたのうちに働きかけて、願いを起させ、行動に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。


と、前の文との直接の関連、つまり「願い」=「救い」に固執せず、「願い」=「神があなたの心に起こさせるもの」となる。

果たしてどちらなんだろうなぁ。 新約聖書はマタイの福音書は、へブル語で、あとはギリシャ語で書かれている。 どちらの言語も私は知らないから、なんともはや。 あとで、枕元にあるKing George Versionで見てみよう。


閑話休題(それはさておき)、2年ほど前にCPAの道に行くか、教師になるか、と考え始めた。 それから、私はTaxも始め、代理教員もやった。 あとは、神さん決めてください、って。 本当に優柔不断な人間である。

2年後の今、Taxシーズンが終わりかける頃から、やはりCPAを取ろうか、と思い始めた。

大学の通信簿を引っ張り出してみて、がーん。 平均点は4点満点で3.56で、Cum Laudeという優等で卒業したものの、Accountingの成績だけ悪い。 Cが二つ。 C+が一つ。 他には、AとBがあるけど、このCは汚点である。 この成績では、大学院の会計学科にはいって、会計のマスターは取れない。 でも、CPAの試験を受けるには、成績は関係ない。 修士をとらなくても、良い。 足りない授業をとればいいだけ。 

しかしだよ、かなり苦労したんだよね、会計の授業は。 なのに、CPAとは・・・・。 身分不相応だなぁ。


じゃあ、何で考え始めたんだろか? う~ん、よくわかんない。


私がもっている資格って、英検2級、工業家英検3級、スキー2級、お習字(子供の部門)の何かに、合気道の2級。 スクーバのOpen Water。 それに、あったあった!運転免許だ!! スキーはYMCAで子供に教えていたけど、スキー連盟の指導員ではないし。 

どれもこれも、うだつが上がらないものばかり。 それに、「一級」というのがない。 昔は一級酒は飲んだが・・・。
結局、私は達成したのって、こちらの大学の学位だけだと思う。 これは、まじめにやったからなぁ。 でも、あとはすべて中途半端である・・・・。
 
私自身は、いまだに自分のことは落ちこぼれと思っている。 なのに、なんでCPAだと??
 
勉強の大変さを忘れてしまったからかもしれない。
 
それに、この歳になって、これからCPAとしての経験を積むってのも、時間的に厳しい。
 
趣味にしては、お金かかるし・・・・・。
 
 
と、理論的に考えても、つじつまが合わない。

 

自分なりにこじつけたのは、母との約束。 母は私に資格を必ずとりなさい、といった。 私がそれを達成しないうちに、母は天国にいってしまった。 

でも、聖書によれば、(いつものように箇所忘れ)天国はすぐそばにある、という。
だから、資格をとることで、そばにいる母を喜ばせることができる、という思いもすこしある。

もう一つは、夫の退職宣言があって、あと2年だと。 2年のうちに私がかせぐ体制を整えて、子供の大学資金を貯めたいという理論もある。 でも、うちの旦那公務員で、旧体制の年金がもらえるので、無理しなくとも、生きては行かれる。 子供の大学は自分で借金してよ、ってすればいいかもしれないし、大学資金も、ものすごく少ないけど、多少貯めてある。 

それに、本当に仕事が必要であれば、すぐにでもFull Timeの仕事に就けばいいのである。 ダラスの会社の会計やれば、給料は旦那が退職して減る給料分はカバー出来るし。


どれもこれも、切羽詰まっていないんだよなぁ・・・・・・・。


でも、先ほどまで、テキサスのPublic Accountancy会のWebsiteで自分の大学の成績表を評価して、どのコースを取るべきかを決めるという申込書の準備をしていた。

よくわからずに、動かされているのか、ただ単に、理想だけつっぱしるいつものいけない癖か・・・・。


もう、判らんので、神さんにまかしたろ。

Taxも終わったんで、もっと時間を割いて、祈らなきゃいかんと思うのである。


ほんとうに、自分はいい加減であると思う。 んで、神さんにすべて責任をなすりつけよう、ってんだから、始末が悪いわ。



あかしや

2010年4月15日木曜日

No. 148 ゴシップの後味

今日でTaxの仕事がおわった!!!!!

なので、リラックスして、ワイン片手に書いています。 今日は早めにBedに入って、思い切り読書したいので手短に。

**********

不況のアメリカ。 当然、わがTax Officeの業績も悪い。
なので、ManagementはMarketingをせよなど、うるさかった。 
やるだけのことはやったんで、Managementも文句は言えない。

ManagerもあまりOfficeに来なかった。 なので、負担は私たちTax Preparerに重くのしかかった今シーズンであった。

そんなOfficeの状況だから、モラルも下がっている。 朝のメンバーは朝の作業の間に、必ず、Managerの批判で大騒ぎになる。

弱い私は、多少迎合してしまった。

上司というのは、神さんが選んだ権威である。

それに批判をするのは、神さんへの批判と同じ。
本人がいないところで、本人の悪口をいうのは、Gossipである。

私は弱い人間である。

そして、迎合したあとの後味はものすごく悪い。

なんど繰り返したことだろう。



神さん、すみませんでした。